借金をうまく返すための2つのポイント

借金をうまく返すというのは、借金を抱えている人なら誰でも目指しているところでしょう。

借金をうまく返すために必要不可欠なのは、最低返済額よりも多くの金額を返済するよう心掛けることです。

ここでは、そのために家計をやりくりしてお金を返済に回すコツもまとめていきます。

借金をうまく返すには「最低返済額」を上回る金額を払うのが大切

借金をうまく返すうえで最も重要なのが、会社側が決めた最低返済額を上回る金額を返済するということです。

最低返済額だけの返済を続けていると、毎月の負担は小さいかもしれませんが、支払った金額の大部分が利息の支払いに充てられ、元本がなかなか減りません。

そして、返済が長引くことで最終的に支払う利息の金額が高くなります。

例えば、同じ50万円を借りた場合でも、毎月2万円しか返済しなかった場合は利息の合計額が13万円程度となるところですが、毎月3万円ずつ返済した場合は利息の合計額を8万円あまりまで抑えることができます。

借金をうまく返すための家計管理

借金の返済に回すお金を増やすには、家計の管理、特に支出の把握をしっかりする必要があります。

そのためには、簡単なものでいいので家計簿をつけて、毎月何にどのくらいのお金を使っているかを目で見て把握できるようにしましょう。

そのうえで、お金の使い方のどこに無駄があるかを考え、無駄を省いていく工夫が必要です。

例えば、食費が高くなっている場合、コンビニばかり使っていて食事にお金がかかりすぎているという可能性があります。

同じボリュームのお弁当を買うのでも、コンビニで買うかスーパーで買うかによって価格はだいぶ違います。

お菓子を買うにしても、スーパーでは価格が安いうえに豊富な品揃えの中から選ぶことができますが、コンビニは単価が高く選択肢もスーパーよりは少ないです。

このように、生活の質を維持しながら家計に余裕を作るための工夫をいろいろ探してみるとよいでしょう。

まとめ

借金をうまく返すためには、会社によって決められている最低返済額よりも多い金額を返済していくことが重要です。

そのためには、簡単な家計簿をつけて、自分が何にどのくらいお金を使っているかがぱっと見てわかるようにしましょう。

そのうえで、無駄があるところを見つけて節約する工夫をすれば、支出を抑えてお金を返済に回すことができます。