債務整理しても携帯電話は使える?機種変更や新規契約はできる?

債務整理には借金を減額できるというメリットがある反面、ブラックリストに載るなどのデメリットがあります。

そのため、携帯電話を日常的に使っている人にとって、債務整理後に携帯電話を使い続けられるかどうかは気になるところでしょう。

この記事では、それに加えて債務整理後の機種変更や新規契約についても説明していきます。

債務整理しても携帯電話を使い続けられる?

債務整理後も携帯電話を使い続けられるかどうかは、本体代の分割払いが残っているかどうか、携帯代の滞納があるかどうかに加え、債務整理の種類によっても変わってきます。

本体代の分割払いが残っている場合や携帯代の滞納がある場合は、個人再生や自己破産をすると本体代の分割払いや滞納している携帯代も一緒に整理されることになるため、携帯電を使い続けることはできません。

一方、任意整理であれば整理の対象に含める借金を自由に選べるため、本体代の分割払いや滞納している携帯代を対象から外せば、携帯電話を使い続けることができます。

債務整理後に機種変更や新規契約はできる?

債務整理後に携帯電話の機種変更や新規契約ができるかどうかは、携帯代の滞納が残っているかどうかによって異なります。

携帯代を滞納している場合、当然ながら携帯電話会社は機種変更を認めてくれません。

また、携帯代の滞納が残っていると携帯電話会社が加盟しているTCA(電気通信事業者協会)という組織で情報が共有されるため、どこの携帯会社でも新規契約はできません。

しかし、携帯代の滞納が解消されていれば、携帯電話の回線契約には何の問題もありませんので、新規契約を結ぶことは可能です。

ただし、債務整理後の一定期間は信用情報機関に情報が登録されてブラックリスト状態になっているため、本体代を分割払いにして機種変更や新規契約をするのは難しいので、本体代を一括払いして機種変更や新規契約を行いましょう。

まとめ

本体代の分割払いや携帯代の滞納が残っている場合、個人再生や自己破産をすると分割払いや滞納が整理されて携帯電話が使えなくなります。

任意整理であれば、分割払いや滞納を整理の対象から外すことで、携帯電話を使い続けられるようにすることが可能です。

債務整理後は、携帯代の滞納が残っていなければ機種変更や新規契約は問題なくできます。

ただし、一定期間はブラックリストに載って本体代の分割払いができなくなっているので、その間は本体代を一括払いで支払うようにしましょう。