最強の債務整理「自己破産」を徹底解説

自己破産というと、一文無しになってしまうとか、差し押さえの紙を貼られて家財を押さえられるといったイメージがあるかもしれませんが、実際はもっと親切でスマートな手続きです。

自己破産は借金で生活が成り立たなくなってしまった人が経済的に再スタートを切るチャンスを用意するための制度なので、自己破産をしても一文無しになることはありません。

ここでは、最強の債務整理「自己破産」について説明していきます。

なぜ自己破産は最強の債務整理といえるのか

自己破産が最強の債務整理といえるのは、他の債務整理と異なり、借金の支払義務自体を免除としてもらうことで、借金そのものをなくしてもらうことができるからです。

その代わり、自己破産では持っている財産をお金に替えて、借金の借入先に配当として分配することが義務付けられています。

ただし、自己破産をしても99万円以下の現金と生活必需品は「自由財産」といって、処分されずに残すことが認められています。

ですので、自己破産で一文無しになるというのはイメージが先行しただけの誤解だといえます。

自己破産できるのは他の債務整理で借金を解決できない人

自己破産は収入がまったくない人も含めて誰でもできますが、任意整理や個人再生といった他の債務整理で解決できる借金額の場合は、自己破産を認めてもらうことができません。

一般的には借金額100万円以上なら自己破産できるなどと言われることも多いですが、自己破産できる借金額は本人の収入に大きく左右されるため、必ずしも100万円というわけではありません。

例えば、病気で働けなくなってしまった人が自己破産する場合、100万円未満の借金であっても、自己破産できる可能性は十分にあります。

まとめ

自己破産は他の債務整理と違って借金や支払義務そのものを無くすことができるため、最強の債務整理だと言っても過言ではないでしょう。

その代わり自己破産では財産が処分されますが、99万円以下の現金と生活必需品は自由財産として残すことができるので、一文無しにはなりません。

また、任意整理や個人再生といった他の債務整理で解決できない借金を抱えている人なら、まったく収入がない人も含め、誰でも自己破産することが可能です。