債務整理後の一括返済について知っておきたい2つのこと

債務整理をした後でまとまった収入があった場合、一括返済をしたいと考えることもあるかもしれません。

しかし、債務整理後の一括返済を希望する場合は、まず利息が減るというような大きなメリットはないということを理解し、債権者平等の原則というルールを守って行わないとトラブルの元になるということを認識しておかないと、せっかくの債務整理が無駄になりかねません。

債務整理前と違って一括返済に大きなメリットはない

任意整理や個人再生といった債務整理をする前は、借金に利息がついていたため、一括返済をすると大幅に利息の金額を抑えられるというメリットがありました。

しかし、債務整理後は利息が全額カットとなるため、一括返済をしても利息が減らせるというメリットはありません。

一括返済をするメリットとしては、主に「借金が完済できた」という精神的な安心感でしょう。

ですが、そのために家計を圧迫してまで一括返済するのは、債務整理が無駄になってしまうリスクがあるので、お勧めしません。

債務整理後の一括返済で気を付けなければならないこと

債務整理後に一括返済をしたい場合は、「債権者平等の原則」というルールに違反しないように行う必要があります。

債権者平等の原則というのは、すべての借入先に対して同じように返済をすること、というルールのことです。

例えば、アイフルと東京スター銀行とセゾンカードからの借金を任意整理したときに、アイフルの借金だけ一括返済して他の会社の借金はそのまま返済する、ということはしてはならないという意味です。

また、個人再生をしてから日が浅いうちに一括返済をすると、財産隠しを疑われたりすることもあります。

債務整理後に一括返済をしたい場合は、あらかじめ弁護士や司法書士に相談して、最適な方法をアドバイスしてもらってから行うようにしましょう。

まとめ

債務整理後に一括返済をしても、利息を大幅に減らせるなどの具体的なメリットはありません。債務整理後に一括返済をするメリットは主に、借金を完済できたという精神的な安心感が得られることにあります。

また、債務整理後の一括返済では、債権者平等の原則を守ることが大前提となります。さらに、個人再生の場合はあまりすぐに一括返済をすると財産隠しを疑われたりすることもありうるので、一括返済をしたいと思ったら、まず弁護士や司法書士に相談してアドバイスを受けましょう。