債務整理の弁護士費用が払えないなら「法テラス」を使おう

借金を抱えてしまって債務整理をしようと思っても、弁護士費用がいくらかかるのかわからなかったり、弁護士費用を支払うのが難しかったりする人は少なくありません。

ここでは、任意整理・個人再生・自己破産といった債務整理にかかる費用をまとめたうえで、弁護士費用を割安で立て替えてもらえる「法テラス」のサービスについて説明します。

債務整理の弁護士費用はどのくらいかかるの?

債務整理には、任意整理・個人再生・自己破産といった種類があり、それぞれ弁護士費用が異なります。

任意整理の場合、弁護士費用は借入先1社につき2万円~5万円程度であることが多く、減額に成功したときに成果報酬を支払うこともあります。

個人再生の弁護士費用は40万円程度が相場ですが、別途裁判所に支払う実費が15~25万円程度必要になります。

自己破産の場合、弁護士費用は20万円~40万円程度ですが、裁判所に支払う実費が別でかかり、どの手続きになるかによって金額が異なります。

自己破産の裁判所費用は、同時廃止が1万5000円~5万円程度、少額管財が20万円あまり、管財事件だと50万円以上となります。

お金がない人が債務整理するなら「法テラス」で弁護士費用を立て替え

「法テラス」とは、正式名称を「日本司法支援センター」という国の公式な法人で、お金がない人に向けて法律関係のサービスを提供しています。

法テラスを利用できるのは、一人暮らしの場合で月収18万円以下、財産が180万円以下の人です。

法テラスでは、無料法律相談を受け付けているほか、法テラスを通して債務整理を行うと、弁護士費用などを割安で立て替えてもらうことができます。

法テラスで立て替えてもらった弁護士費用は、後払いの分割払いで無理のないように返済していくことになります。

まとめ

債務整理にかかる弁護士費用は、任意整理だと2万円~5万円程度、個人再生だと40万円程度、自己破産だと20万円~40万円程度ですが、個人再生では裁判所の実費が15~25万円程度別途かかります。

自己破産でも裁判所の実費が別途かかりますが、金額は同時廃止だと1万5000円~5万円程度、少額管財だと20万円あまり、管財事件だと50万円以上となります。

債務整理の弁護士費用が払えない場合は、国の法人である「法テラス」を利用すれば、弁護士費用を割安で立て替えてもらうことができます。