債務整理の流れとは?弁護士に依頼した場合の手続きについて

債務整理の流れとは?弁護士に依頼した場合の手続きについて

借金という問題を最も負担の少ない形で解決できるのは、国が認めている正式な手続きである債務整理です。

実際に債務整理を行う前に、手続きがどのような形で進むのかあらかじめ知っておけば、準備に余裕ができますし気持ちも落ち着きますよね。

ここでは、債務整理を弁護士に依頼した場合の手続きの流れをわかりやすく説明していきます。

債務整理の準備の流れ

債務整理は弁護士などに依頼して行うのが一般的で、任意整理・個人再生・自己破産のどの手続きをとる場合でも、最初に事前相談をすることになります。

事前相談では、借金額・収入・支出など、あなたの状況を弁護士に説明して最適な債務整理を選んでもらう大切な作業です。

事前相談でどの債務整理を行うか決まったら、委任契約を結んで正式に債務整理を依頼します。

この時点で弁護士からお金を借りた会社へ「受任通知」というものが送られるのですが、この通知は弁護士が債務整理を請け負ったことを知らせる役割を持つだけでなく、債務整理の完了まで借金の督促を止める効果があります。

受任通知の効果で借金の返済が一時的にストップしている間に、債務整理の手続きを進めたり、弁護士や裁判所に支払う費用を用意したりします。

なお、個人再生の場合は「家計収支表」という家計簿のような書類を作る必要があるため、準備期間が3カ月程度かかります。

債務整理の手続きの流れ

実際の手続きの流れは債務整理の種類によって異なり、任意整理の場合は弁護士などがお金を借りた会社と交渉してくれるので、手続きの完了まで待っているだけで大丈夫です。

個人再生の場合は、まず裁判所に書類を提出して申し立てを行い、場合によっては本人が個人再生委員に選ばれた別の弁護士の法律事務所へ行く必要があります。

その後裁判所へ借金の返済計画である「再生計画」を提出し、お金を借りた会社の過半数の反対がなければ個人再生を認めてもらえます。

自己破産の場合、財産がない人がとる「同時廃止」では、裁判所に申し立てを行った後に本人と裁判官との面接が一回行われ(省略されることもあります)、破産手続開始決定と同時に自己破産が完了します。

財産がある人がとる「管財事件」では、破産管財人という弁護士が付いて財産の処分が行われるため、同時廃止の場合よりも3~6カ月程度手続きが長くなり、裁判所に行く回数も増えます。

まとめ

債務整理の流れは手続きの種類によって異なりますが、弁護士に依頼した場合は弁護士に任せておける手続きも多いです。

本人がやらなければならないことはそこまで多くないので、しっかり把握して準備しておくとよいでしょう。