債務整理の必要書類とは?必須の書類をわかりやすく解説

債務整理をしようと考えている人にとって、「債務整理の必要書類は何か」という情報は必要不可欠です。

ここでは、債務整理の必要書類について、どの債務整理にも共通で必要となるものと、個人再生や自己破産で必要になるものに分けてまとめていきます。

どの債務整理にも共通の必要書類

どの債務整理をする場合でも、運転免許証・保険証・パスポートなどの身分証明書と、本籍地記載の住民票、印鑑が必ず必要になります。

また、あなたの経済状況を弁護士や司法書士に正しく把握してもらうことで最適な債務整理手続きを教えてもらえるので、預金通帳のコピーや収入がわかる書類(給与明細書・確定申告書・年金通知書など)も持参しましょう。

さらに、債務整理では借金の状況(借金額・借りた相手・返済状況など)を「債権者一覧表」にまとめる必要があるので、借金についての情報がわかる書類(契約書・取引明細書・クレジットカード・キャッシングのカード)が残っていれば、持参してください。

特定の債務整理(個人再生・自己破産)だけの必要書類

上述の書類に加えて、個人再生や自己破産では収入がわかる書類(給与明細書・確定申告書・年金通知書・生活保護受給証明書)・所得課税(非課税)証明書・預金通帳のコピーが必須ですので、準備しておいてください。

また、裁判所によっては世帯全員の戸籍謄本も必要になります。

この他に必要な書類としては以下のようなものがあります。

・賃貸物件に住んでいる人:居住証明書
・財産がある人:財産に関する書類(不動産登記簿謄本・固定資産評価証明書・車検証・登記事項証明書・保険証書・解約払戻金証明書・退職金見込額証明書など)
・個人再生で住宅ローン特則を利用する人:住宅ローンの契約書

まとめ

どの債務整理を行う場合でも、身分証明書・住民票(本籍地記載)・印鑑は必須になります。

また、収入がわかる書類(給与明細書・確定申告書・年金通知書・生活保護受給証明書)・課税(非課税)証明書・通帳のコピーは個人再生や自己破産で必須になりますが、任意整理のときも持参すると状況を正確に伝えやすくなります。

借金についての情報がわかる書類(契約書・取引明細書・クレジットカード・キャッシングのカード)もできるだけ持参するとよいでしょう。

さらに、個人再生や自己破産では、世帯全員の戸籍謄本・居住証明書・財産に関する書類・住宅ローンの契約書などが場合によって必要になります。

千葉で債務整理に強いおすすめの弁護士事務所