債務整理に費用はどれくらい?

債務整理と一言でいっても、任意整理、個人再生、自己破産の3つがあり、それぞれ費用に大きく差があります。借入先が多かったり、扱う金額が大きかったり、裁判所を通す必要があると、その分費用が大きくなります。それぞれの債務整理の目安や簡単な内訳を下記にまとめたので、見てみましょう。

弁護士に債務整理を依頼した場合の費用

債務整理の費用は、それぞれの手続きの種類によって変わります。任意保険、個人再生、自己破産の場合に分けてお話しします。

任意保整理の場合は、弁護士費用しかかかません。「(1社あたりの成功報酬×件数)+(1社あたりの着手金×件数)+減額報酬」で費用の計算をし、大体の相場は1社の成功報酬が3万円程度、1社の着手金が3万円程度、減額報酬が10%程度です。
3社から借金をして、30万円の減額に成功した場合を例に、相場を参考にして計算してみると、「(成功報酬3万円×3社)+(着手金3万円×3社)+減額報酬3万円=21万円」となります。

個人再生は裁判所を通さなくてはならないため、弁護士の報酬の他に裁判所の費用も必要です。相場は大体70万円以上で、弁護士に着手金や報酬金で50万円程度、裁判所には切手代などで20万円程度を支払います。費用が随分かかってしまうように見えますが、個人再生でそれ以上に減額をできると考えると、場合によっては得策となるでしょう。

自己破産の場合も、裁判所を通して手続きをしなくてはいけないため、弁護士への着手金と成功報酬の他に、裁判所には切手代や予納金が必要となります。相場は50万円以上で、弁護士には成功報酬や着手金を20万円程度、あとは切手代や予納金などを5万円程度支払います。
しかし、自己破産をしなくてはいけないほどに借金で首が回らない状態になっているのに、どうやって50万円以上も用意しなくてはならないのか、と思う方も多いでしょう。そんな方でも支払いがしやすいよう、多くの弁護士事務所が弁護士費用の分割払いを用意してくれています。

借金に悩んでいるけれど、借金問題を解決するためのお金がなくてお困りの方は、弁護士費用の分割払いができたり、相談だけだったら無料の弁護士事務所もありますので、1人で悩まず、お近くの弁護士事務所を調べてみましょう。