債務整理すると載るブラックリストとは?

債務整理をすると心配なのが、ブラックリストに載ってしまうことです。ブラックリストと聞くと、これからずっと社会的信頼が無い人として生きていかなくてはならないように思えますが、そんなことはありません。ブラックリストには期間が設定されている上に、持ち物全てが没収されてしまうわけではありません。今回はブラックリストについて詳しくお話しします。

債務整理後、ブラックリストに登録されたら起こること

ブラックリストとは、実際に何か特別なリストに載ってしまうわけではなく、あなたのクレジットカードの返済が遅れてしまったり、債務整理をした場合に、ネガティブな情報が信用情報機関に登録されてしまうことをいいます。ブラックリストに登録されてしまうと、新しくクレジットカードを発行できなくなったり、住宅ローンや自動車ローンといった高額のローンを組めなくなるといった不便が生じます。ただし、一生ブラックリストに登録されてしまうわけではありません。任意整理なら5年程度、個人再生や自己破産なら5~10年程度でブラックリストから削除されます。ちなみに、ブラックリストに載ってしまうと、自分の力で消すことはできません。

また、自己破産をしてブラックリスト入りすると、職業に制限が生じてしまいます。例えば、保険の販売員や警備員、司法書士などに就くことができません。また、有限会社で取締役の役職に就いている場合は、一旦退任しなくてはなりません。ただし、取締役を退任してからまたすぐに就任することができます。

しかし、債務整理してからそれなりに月日が経ったけれど、自分がまだブラックリストに登録されているかどうか分からないですよね。実は、信用情報機関に直接「信用情報開示制度」を使って問い合わせることで調べることができます。信用情報開示制度を利用して手続をする以外に情報を確認する手段はありません。代理人が申し込みをすることも可能ですが、手続きや費用は機関によって違いがありますので注意しましょう。

ブラックリストに載っても、それなりに不便はあっても、基本的には平穏に暮らすことができます。しかし、持ち家を持ったり、良い車をもったり、家具にこだわるといったワンランク上の暮らしはブラックリストが解除されるまでは我慢しましょう。持ち家をお持ちでご結婚されている方は、自己破産をしたら引っ越さなくてはならない可能性もあるため、債務整理する前に必ずご家族に一旦ご相談ください。その上で弁護士事務所で相談をすると、話がスムーズに進むはずです。