債務整理の手続きの流れ

月々の借金の返済額が多すぎて苦しくて弁護士に債務整理をお願いしようと思い立ったとき、一体どこにどうやって依頼すれば良いのでしょう?また、いざ債務整理の手続きをしたら、どんなことをしていくのでしょう?今回は、債務整理の手続き方法と、手続き後の流れについてお話しします。

⇒⇒⇒仙台で債務整理に強い【仙台】債務整理相談センターはこちら

弁護士事務所で債務整理をする際の流れ

まずは相談の予約します。電話かメール、Webサイトの問い合わせフォームから弁護士事務所に連絡し、債務整理の相談をしたい旨を伝えましょう。相談日当日には、その場で債務整理の手続きを交わしたいときのために、印鑑や身分証をを持って行くと良いでしょう。

次に、相談後、実際に債務整理を弁護士に依頼したら、当日中にあなたが借金している各借入先へ弁護士から「弁護士介入通知」が送られます。この通知が送られると、借入先はあなたに対して返済の催促を止めなくてはなりません。また、あなたも直接借入先に借金を返済することができなくなります。

債務整理がいざ始まったら、あなたの現在の借入状況を調査する必要があります。あなたが何年何月何日にいくら借りたか、いくら返済されているのかを弁護士がを正確に調べてくれます。その情報を元に、正当な金利に調整して借入額を計算し直して、返済額を決めます。

続いて、調整し直した返済額を借入先に提示します。この金額をどれぐらいの期間で、月々いくらずつ返済していくのかという和解案を借入先に提出し、借入先が認めてくれたら合意書を記入してもらい、和解が成立です。

最後に、合意書の通りに返済をスタートさせましょう。月々決まった返済額を指定の銀行口座に振込んで、あとは完済を目指していきます。弁護士事務所によっては、借入先が指定する銀行口座ではなく、弁護士事務所の銀行口座に指定の返済金を振り込んで、弁護士事務所側で借入先に月々の返済を代行してくれる返済方法のところもあります。

債務整理は必ずしも弁護士に依頼しないといけないわけではありません。実は、あなただけでもできます。しかし、債務整理には必要書類のちょっとした記入間違い1つが債務整理失敗を招いてしまう可能性が大いにあるため、なるべく知識と経験がある借金問題のプロである弁護士に依頼するのがおすすめです。

債務整理の相談だけなら無料で引き受けてくれる弁護士事務所もあります。借金の返済が苦しくなったら1人で悩まず、まずはお近くの弁護士事務所を調べてみて、お気軽にご相談へ行きましょう。